独自のバスケ価値観を持つブロガーの日記

日々感じていること・感じてきたことを書いています。基本的にバスケットの事を書いています。

あなたはなぜバスケットをやっているんですか?

こんにちは。

 

今日も書いていきます。

 

今回は「世の中のバスケをやっている方は何のためにバスケをやっているのか」という題材

 

何のためと言われれば基本、誰もが「自己満足」であると思います。が、何をもって自己満足なのか。

 

バスケをやっているとわかると思うんですが、基本みんなすぐ競争に走るんです。

まー競技ですから勝ち負けを競うのは当たり前なんですけどね。

 

しかしよく見てみると、初対面同士の試合だと顕著なんですが、どうも競争の方向性がおかしいんです。

その時みんなが考えていることって

「目の前の見知らぬこいつらをねじ伏せて俺という人間のすごさを相手にわからせて屈服させたい。」

だいたいこれです。態度にモロ出てるんです 笑

男の頭の中なんてこんなもん。

 

競争というより、相手を征服して上に立って俺はすごいんだって顔をしたいだけ。

女子はこういった特徴はあまりないんですけどね。

 

基本、男って自分のすごさをみんなにわかってほしくて大人になってもバスケをしてるだけなんです。

(現場の試合や試合の動画を見ていても、選手が偉そうにプレイしているか、必死でプレイしているかは見ている人間にはビンビン伝わってくる。)

大人になってもバスケをしてる方って大体、自分とチームメイトの価値を少しでも上げようと実績自慢をしたり、大会で優勝した写真をSNSにバンバンあげて、「ね?おれたちってすごいっしょ?」とみんなに言っている。(と同時に周りの価値を下げてくる。上手に周りをマウンティングしてくる。)

 

小学生でも知っていると思いますが、自慢ばかりしていると周囲の人間の心はどんどん離れていくと思いますし、永遠に誰もあなたを認めないと思います。

だから結果を残しても残してもいつまでも心が満たされないんじゃないですか?

周りはあなた自身を認めてるんじゃなくて、あなたの経歴に憧れているだけなんじゃないですか?

 

こういう思考回路をしている人ってバスケできなくなったらどうするんだろうとか思いますけどね。

バスケをやめてもあなたのことを認め続けてくれる人間があなたにはちゃんといますか。

 

今回はこの辺で。