独自のバスケ価値観を持つブロガーの日記

日々感じていること・感じてきたことを書いています。基本的にバスケットの事を書いています。

日本のバスケコミュニティの現状

こんにちは。

 

私は海外でプレーしたことはありませんが、国内ではかなりいろんなバスケコミュニティに参加させて頂いてきました。

 

そうするとなんとなくどのコミュニティも共通点を感じてくるんですよね。

上手い下手を除けば、割とどのコミュニティも同じ。

 

その共通点とは、仲間意識がやたら強いんです。

 

どのコミュニティにも大抵ボスみたいな方が存在して、周りはその人の顔色を伺ってプレイしています。

 

そこに外部から人がそのコミュニティにやってきたとしましょう。

 

外部者がそこのボスの顔色を伺わないとなぜか周りから攻撃されます。

私も何度も攻撃されたことあります 笑

 

みんな口には1ミリも出しませんが、常にバスケコミュニティは目に見えない政治の力が存在します。

 

なんでそんなことがおきるのか。

 

それは、そのコミュニティでボスの天下が崩されるのが嫌だから。

端的に言えば、この場の全員俺を敬わなければどんな手段を使ってでも排除する ってこと

現代風に言うなら老害って感じですか

 

だからバスケコミュニティってすごく閉鎖的で風通し悪いんです。

それが良いか悪いかはわかりませんが、結果的に息苦しいバスケを強いられる人がいっぱいいるといった印象ですね。

 

だからみんな自分より弱い人を少しでも探す。自分が王様気分を味わいたいから。

日本のバスケコミュニティの現状ってこんな感じかなと私は思っています。

 

この記事を見てくれた方はどう思いますか?

 

今回はこの辺で