独自のバスケ価値観を持つブロガーの日記

日々感じていること・感じてきたことを書いています。基本的にバスケットの事を書いています。

試合で接戦に弱いチームの特徴

こんにちは。

 

今回もバスケットの事について書いていこうと思います。

 

バスケットの事を書かせたら、延々と記事が書けます 笑

お題の通り、試合で接戦に弱いチームの特徴について書いていこうと思います。

 

特徴といってもいろいろ書けますが、「失敗を受け入れられない」なんて特徴はどうでしょうか。

 

チームといっても結局は人の集合体。人が失敗をするのは当たり前。

チームリーダ・監督が失敗があることを前提にゲームを考えられるか、失敗があった時に冷静でいられるか。

こういったことが接戦で勝つには大事になりますよね。

 

例えば、こんな光景を経験者であれば一度は見たことがあると思います。(もしくは身に覚えがあると思います。)

チームで一番目立っているプレイヤーもしくは監督が自分のチームメイトがなんらかの失敗をしたときにイライラして怒鳴り散らしたり不機嫌になったりする光景を。

こういうチームって接戦に弱いんです。

 

イライラして怒鳴ったり不機嫌になる事で誰かが喜ぶことを知らないんですね。

誰が喜ぶと思います?

 

 

 

相手チームです。

 

イライラして怒鳴っているということで「僕は精神的に追い込まれています 汗」 「余裕がないんです 泣」という情報を会場中に渡している。

これで相手チームが「しめしめ相手は余裕がなくなってる。うけるわ~ 笑」とバカにして労せず精神的に優位に立っちゃう。

会場中で見ている観客も冷めた目で見だす。「この人は思い通りにいかないと周りに当たり散らす人なんだ・・家の中ではモラハラ具合がもっとすごいんだろうな 笑」

 

と、こういう目で見られているということになぜか気づけない。

あとチームメイトの失敗を許せないといった傾向にある方ってなぜか試合序盤に余裕を会場中に見せつけようとして、周りの人間を馬鹿にしたりするんですよね。周りがすごく迷惑しているということに気づけないんでしょう。

 

チームメイトをよく怒鳴るという方は必ずチーム内で孤立してます。表面上はみんな愛想笑いしてると思いますが、バスケをしてなきゃその人に誰も関わりたくないんです。

 

だから接戦の苦しい終盤ではチームメイトが誰もその人に力を貸さない、委縮して力を貸せない。自分の力をその人の栄光のために貸すなんて馬鹿らしい。

 

相手を優位に立たせた挙句、自分のチームの力を半減させている。

チームメイトの失敗を許す器量をもたず、怒鳴ってばかりの方がいるチームは確実に接戦に弱い。

  

今回はこの辺で。

 

 

 

 

日本のバスケコミュニティの現状

こんにちは。

 

私は海外でプレーしたことはありませんが、国内ではかなりいろんなバスケコミュニティに参加させて頂いてきました。

 

そうするとなんとなくどのコミュニティも共通点を感じてくるんですよね。

上手い下手を除けば、割とどのコミュニティも同じ。

 

その共通点とは、仲間意識がやたら強いんです。

 

どのコミュニティにも大抵ボスみたいな方が存在して、周りはその人の顔色を伺ってプレイしています。

 

そこに外部から人がそのコミュニティにやってきたとしましょう。

 

外部者がそこのボスの顔色を伺わないとなぜか周りから攻撃されます。

私も何度も攻撃されたことあります 笑

 

みんな口には1ミリも出しませんが、常にバスケコミュニティは目に見えない政治の力が存在します。

 

なんでそんなことがおきるのか。

 

それは、そのコミュニティでボスの天下が崩されるのが嫌だから。

端的に言えば、この場の全員俺を敬わなければどんな手段を使ってでも排除する ってこと

現代風に言うなら老害って感じですか

 

だからバスケコミュニティってすごく閉鎖的で風通し悪いんです。

それが良いか悪いかはわかりませんが、結果的に息苦しいバスケを強いられる人がいっぱいいるといった印象ですね。

 

だからみんな自分より弱い人を少しでも探す。自分が王様気分を味わいたいから。

日本のバスケコミュニティの現状ってこんな感じかなと私は思っています。

 

この記事を見てくれた方はどう思いますか?

 

今回はこの辺で

 

 

 

 

 

 

 

 

バスケットが上手い人・実績が華やかな人は偉い

こんにちは

 

嫌味っぽいタイトルですが、少し書いていこうと思います。

 

バスケ経験者であれば必ず見たことあると思いますが、どこにでもいますよね。

「この中で一番バスケが上手いのは俺だ。だからこの中では俺が一番偉いんだ。全員俺様のためにプレイしろ!」

 

といった人。

程度に差はありますが、どんなに口で謙虚ぶっていてもその人のプレイと態度には表れているもの。

 

気づいてないのは本人だけ。

みんな黙ってその人を持ち上げているだけって知っていましたか?

「あ~あ こいつと一緒にプレーしたくないな」

と、周りは内心思っている。

 

一度でも、「あなたと一緒にプレイしたいです!」とか「あなたとプレイするとやりやすいし楽しいです!」とか言われたことないならみんなに一緒にプレーしたくないと思われているでしょう。

 

あまり上手じゃない方はそういう風に思われる傾向は小さいですが、上手じゃない方でも王様プレイする人って多いですね。

 

みんながその場になんでバスケしに来ているか って本気で考えたことありますか?

みんな楽しむために来ているんです。

 

「俺は健康のために来ている」という方もそのコミュニティがつまんなかったら参加しないでしょ?

 

こういった意識もってる人いませんよね?

自分と自分の仲間たちさえ気持ち良ければそれでいいという方が多すぎます。

 

だれもバスケットが上手いあなたなんて本当のところ興味ないんです。

 

今日はこの辺で

 

 

 

 

 

 

 

自分が日々感じていること

 私はスポーツでバスケットをやっています。

バスケは20年間やってきましたが、やっていて楽しい事もあれば嫌な事もあったので、バスケを通じて得た体験談・感じたことを中心に書いていきたいと思います。

 

まず、日本人は協調性があるということを聞くことがありますが、バスケをやっていて「協調性あるか?」と思うことがあります。人を信頼することが苦手なのかなといった感じはうけます。

 

クレクレ君が多すぎるといった印象です。人には与えないが・・

いろんなとこでバスケをしていると、こういう人がかなり見受けられるし、相対的に上手い人たちが相対的に上手じゃない人を馬鹿にしすぎています。もちろんそうじゃない方もいると思いますが、少数派でしょう。

(まーあんな馬鹿にしてたらプライベートは孤独だと思いますが・・自業自得です)

 

上手な人が上手じゃない人をバカにした結果、上手じゃない人に「日本のバスケは大したことない」といったことを言い返されてる。

身内同士の喧嘩ですね。

 

バスケに限った話じゃないと思いますが、人は能力が相対的に高いと周りを馬鹿にする・見下す傾向がすごいなと思うし、能力が高くない人も自分よりさらに劣る人を馬鹿にするといった現象がいろんなとこでおこっている現状にうんざりしています。(根っこは満たされない承認欲求ってとこですか・・迷惑なのでやめてほしいです)

 

どうにもならないことだとは思いますが、こういった日々感じていることを書いていきたいと思います。

今回はこの辺で